消費者金融はどこから借りるのが賢い選択か?審査基準や評判、カードローンの違いなどこれから借りたいという方は必読のサイトとなっております。

消費者金融会社とは

お金を借りる、というと多くの人が思いつくのが消費者金融だと思います。お金を貸してくれるところというイメージはありますが、銀行だって融資としてお金を貸してくれますよね。そもそも消費者金融会社ってどんな会社のことなんでしょうか?

 

消費者金融とは、個人の信用を担保として個人に対し直接融資を行うサービスのことを指します。個人、つまり消費者に対する金融業なわけですね。金融機関ではありますが、消費者金融は銀行以外のノンバンク、貸金業者による消費者への小口無担保融資のことを意味します。

 

消費者金融の特長としてはまず借り入れする審査の早さがあげられます。新規契約の際の所要時間は30分〜40分程度と大変早く、高度な審査技術やノウハウを持って適正与信の実行をしています。また、申し込み方法の多様さも特長の一つです。

 

店頭申込以外にも自動契約機、電話、郵送、と広く利用者を受け付けています。最近多いのはインターネット申込ですね。家にいながらかんたんに申込から契約までを済ませることができます。

 

返済についても消費者金融の特長が表れています。まず申込同様、多様な返済方法が用意されています。消費者金融では返済方式にリボルビング方式を用いているところがほとんどで、利用金額に関わらず毎月一定の決められた額を返済する方式になっています。その際の利息は日割り計算で行われ、最低支払額以上であればいつでも返済ができるようなシステムになっています。

 

消費者金融はどこから借りるのが賢い選択か?

消費者金融のカードローンというと、利用したことがないという人にとってみればあまりいい印象のものではないかもしれません。確かに少し前まではあまりいい印象の無かった消費者金融のカードローンですが、最近では以前に比べてずいぶんと利用しやすくなっているんです。

 

まず大手の消費者金融がのきなみ銀行の傘下に入ったりしたことでイメージが良くなったことですね。日本のメガバンクといわれている三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行系列の消費者金融、と聞けば、全然印象は変わるのではないでしょうか?実際、大手消費者金融はこれらの大手銀行の傘下にいくつか入っています。

 

また、消費者金融というと金利が高いという印象もありますよね。確かに以前はグレーゾーン金利といって、出資法上限金利の29.2%と利息制限法の上限金利20%の間の金利帯での貸付けが日常的に行われていましたし、闇金と呼ばれるそれよりさらに法外な高金利での貸付けを行う金融業者も少なくありませんでした。

 

しかし今では貸金業法が改正されて以前よりも規制が厳しくなり、出資法の上限金利も20%に引き下げられました。そのため消費者金融の金利も以前と比較してかなり下がっていますし、中には銀行カードローン並に低い金利のところも出てきました。また無利息キャッシングサービスを行う会社もあるなど、使い方次第で消費者金融のカードローンは大変便利で使い勝手が良いものになっています。

 

とはいえ未だに無登録営業や出資法違反での営業を行っているところというのは存在しています。全ての消費者金融が安全とはいえないのですが、少なくとも以前よりはずっと使いやすいところが増えたというのは確かです。はじめて消費者金融を利用する方は、CMでもお馴染みの大手消費者金融を選ぶと失敗はありません。

 

アコム プロミス プロミスレディース モビット

アコム

実質年率 4.7%〜18.0%
融資限度額 500万円

プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
融資限度額 1万〜500万円

プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
融資限度額 1万〜500万円

モビット

実質年率 4.8%〜18.0%
融資限度額 1万〜500万円

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加